/

福島・長崎・熊本、「まん延防止」適用を要請

(更新)
記者会見する西村経済再生相=共同

西村康稔経済財政・再生相は11日の閣議後記者会見で、福島、長崎、熊本の3県知事から「まん延防止等重点措置」の適用要請があったと明らかにした。「専門家の意見を聞き、必要なら機動的に対応したい」と述べた。重点措置は新型コロナウイルスの緊急事態宣言に準じた措置をとる。

西村氏は3県のほかに岡山、宮崎の両県知事と協議したとも話した。直近の感染者数に関しては「連休中は検査件数が少なく、連休明けに増えている」と指摘した。感染者数だけでなく病床の状況も含めて分析する考えを示した。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン