/

この記事は会員限定です

税逃れ封じへ100年ぶり大改革 デジタル経済が促す

転換グローバルタックス(中)

[有料会員限定]

「グローバル経済のデジタル化に向き合った解決策を評価する」。20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議での法人課税改革の合意を受け、グーグルやアップルなど巨大IT(情報技術)企業らが参加する米情報技術産業協議会(ITI)は10日、声明を出した。デジタル経済における共通の課税ルールへの第一歩は、税負担が増える当事者であるグローバル企業からも事業の予測可能性を高めると歓迎された。

デジタル課税は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1041文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン