/

オミクロン型、自宅待機者で初の感染確認 岐阜で

(更新)

厚生労働省は11日、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染者を新たに1人確認したと発表した。スリランカに滞在歴のある40代男性で、これまでのオミクロン型感染者の濃厚接触者にあたる。入国時の検査では陰性だったため、岐阜県内の自宅で待機していた。自宅待機者でオミクロン型の感染が確認されたのは初めて。国内の感染例はこれで13人目となる。

これまで国内で確認したオミクロン型の感染者は、いずれも入国時や検疫所の待機施設に滞在中のコロナ検査で陽性が判明していた。政府はオミクロン型の感染拡大が確認された国や地域を待機指定国に定めているが、男性が滞在していたスリランカは11日時点で指定国になっていない。

男性はナイジェリアから入国した国内4例目のオミクロン型感染者と同じ飛行機で4日に入国し、8日に濃厚接触者と判断された。すでに発熱の症状が出ていたため同日に岐阜県内の医療機関に入院した。現在は症状が治まっているという。厚労省によると4例目の感染者と同じ航空機に同乗していた濃厚接触者のうち、ほかにも1人がコロナ感染を調べるPCR検査で陽性となっているという。

男性はワクチンの2回接種を8月に終えている。検疫検査で陰性が確認されたのち、公共交通機関は使わず友人の車で帰宅したという。運転した友人1人が濃厚接触者となった。航空機の同乗者以外で濃厚接触者が出たのも今回が初めて。今後は海外渡航歴がなく、海外からの入国者との接触も確認できないような市中感染への懸念も強まりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン