/

国民民主、参院選の全複数区に候補者擁立 玉木代表

国民民主党の玉木雄一郎代表は11日の記者会見で、来夏の参院選で改選数が2以上の選挙区全てに公認候補を擁立すると表明した。改選数が1の選挙区でも出馬を検討する。年内に候補者の公募を始める。

「複数区は基本的に全部立てる。1人区も立てていく」と述べた。先の衆院選は候補者を擁立した小選挙区で同党への比例票が多かったと説明した。「擁立にちゅうちょしてはいけないというのが衆院選の教訓だ」と話した。

他の野党との関係について「戦術的な(候補者)調整は否定しない」と指摘した。一方で「調整ありきでは良い人材を発掘できない」と強調した。

同党は衆院選で共産党を含む野党共闘に参加しなかった。国会対策に関しても立憲民主党、共産党との協力を解消している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン