/

ラン新種「キシダフミオ」 シンガポールで命名式

【シンガポール=共同】岸田文雄首相は11日、訪問先のシンガポールでランの新種の命名式に招かれた。同国政府が日本との友好関係の記念として、この新種に「デンドロビウム・キシダフミオ」と名付けた。ランはシンガポールの国花で、日本外務省によると、日本の首相の名前にちなんだ命名は初めて。

デンドロビウムはランの名前。命名式にはリー・シェンロン首相が立ち会い、友好関係を演出した。「デンドロビウム・キシダフミオ」は、現地の国立植物園で飾られる予定。

これまで南アフリカの故マンデラ元大統領や、ウィリアム英王子夫妻ら約200人が命名された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン