/

この記事は会員限定です

普天間返還、合意25年 なお見通しなく対中抑止に不安

[有料会員限定]

日米両政府が米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の返還に合意してから12日で25年を迎えた。同県名護市辺野古への移設はなお実現の見通しが立たない。基地の見直しの遅れは中国に対する抑止力へのリスクとなり、日米同盟の安定にも影響しかねない。

バイデン米政権になって初めて開いた3月の日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)。岸信夫防衛相は辺野古の航空写真を米側に見せた。移設予定地の埋め立てを始める前と後を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2740文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン