/

緊急宣言13日から延長、30日まで 宮城・岡山は解除

 19都道府県の緊急事態宣言延長のニュースを伝える東京・秋葉原の大型モニター=共同

政府は新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言に関し、宮城、岡山の両県を13日から解除する。宣言に準じた「まん延防止等重点措置」に移行する。東京など19都道府県は30日まで延長する。

宣言は21都道府県で発令済み。延長は北海道、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、沖縄の19都道府県になる。

宮城、岡山両県は13日から重点措置になる。措置は福島、石川、香川、熊本、宮崎、鹿児島と合わせ8県になる。山梨、富山、愛媛、高知、佐賀、長崎の各県は12日で措置を外す。

宣言地域で飲食店の営業を午後8時までにするよう要請する。酒類の提供は禁止する。重点措置地域も酒類は原則停止するが、知事が「感染が下降傾向」と判断すれば提供を認める。

重点措置地域で酒類を提供できる時間は午後7時半まで。知事の判断で午後8時まで認める。営業時間は午後9時まで可能になった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン