/

東京に緊急事態宣言 発令4度目、変わらぬ朝

沖縄も8月22日まで 首都圏3県と大阪「まん延防止」

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
マスク姿で職場に向かう人たち(12日午前、東京・丸の内)

政府は12日、東京都に4度目となる新型コロナウイルス対策に伴う緊急事態宣言を適用した。期間は8月22日まで。7月23日に開幕する東京五輪の期間を含む。飲食店に酒類の提供停止と営業時間を午後8時までにするよう求める。

沖縄県を対象とする宣言は延長した。埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県は宣言に準じる「まん延防止等重点措置」を続ける。北海道、愛知、京都、兵庫、福岡への重点措置は7月11日をもって解除した。

東京への宣言は4月25日から6月20日に適用して以来、3週間ぶりとなる。12日朝、都内の人出に大きな変化はみられなかった。

ドコモ・インサイトマーケティング(東京・豊島)の位置情報データに基づき、JR東京駅周辺の午前8時台の人出を分析した。重点措置の期間だった前週の同じ月曜日の7月5日に比べて微減にとどまった。

3度目の宣言終了直後の6月21日比では3%増えた。

東京駅前は12日朝、マスク姿で足早に通勤する人の姿が目立った。

杉並区の製造業の男性(52)は「通勤電車は宣言前と変わらず混んでいた」と強調する。1カ月足らずでの再発令に「宣言がでている状況に社会全体が慣れてしまった」と話す。

東京都は宣言下で飲食店での酒類の提供を一律停止させる方針だ。これまでは換気などの対策の徹底を条件に午後7時まで酒類を出すのを認めていた。

重点措置の地域は酒類提供を原則停止とし、知事の判断によって一定の条件下で午後7時まで認める。

前回の宣言期間では要請に応じない店もあった。葛飾区の金融業の男性(30)は「経営のことを考えれば、酒を提供する店の気持ちは分かる」としたうえで「酒を出す店に人が集まり、逆に感染リスクが高まるのではないか」と懸念する。

酒類を提供しない飲食店には営業を午後8時までにするよう要請する。休業や時短に応じる店舗には協力金を先渡しできる仕組みを設けた。宣言地域は誓約書提出を条件に1日4万円を支給する。自治体の審査を簡略にして迅速な対応にする。

要請に応じない店には命令を出し、それでも従わない場合は過料を科す。宣言地域で30万円以下、重点措置地域で20万円以下となる。酒類を販売する事業者には、休業に応じない飲食店との取引をしないよう要請する。

スポーツなどの大規模イベントは宣言地域、重点措置地域ともに上限を5千人かつ収容率50%までに制限する。宣言地域では百貨店など大規模な商業施設は営業を午後8時までにするよう求める。

東京への宣言は東京五輪やお盆休みを含む。感染力の強いインド型(デルタ型)が広がり、感染者数の増加傾向が続く。他の地域への拡大を防ぐため、帰省や旅行など都道府県間の移動の自粛を呼びかける。

宣言の期間は発令時で最長となる6週間に設定した。感染者数や医療の逼迫度合いが改善すれば、期限より前に解除する可能性がある。

加藤勝信官房長官は12日の記者会見で「東京の感染拡大は全国にも広がりうることを踏まえて、先手先手で予防措置を講ずる」と語った。

ワクチンの接種に関し「今のペースで進むと今月末には一度でも接種した人の数は全国民の約4割に達する見込みだ」と述べた。接種が進行する国では1回接種した人の割合が人口の4割前後に達したあたりで感染者の動向に変化があると説明した。

政治・外交 最新情報はこちら
Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン