/

この記事は会員限定です

首相の看板政策、会議の枠組み先行 役割分担あいまい

[有料会員限定]

岸田文雄首相は第2次内閣の発足を受けて看板政策の具体化を始める。「新しい資本主義実現会議」など新設した会議で有識者を交えて調整する。各会議の役割分担は曖昧で、目標とする「成長と分配の好循環」への道筋を明確に示せるかに懸念がある。

首相にとって当面の政策課題は19日にまとめる経済対策や年末に決める2022年度税制改正など経済分野が中心となる。司令塔組織として立ち上げたのが新しい資本主義実現会議だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1194文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン