/

この記事は会員限定です

再エネ「36~38%必要」 30年度排出減達成へ経産省試算

[有料会員限定]

2030年度の温暖化ガス排出量の削減目標達成には、発電量に占める再生可能エネルギーの比率を36〜38%に高める必要があると経済産業省が試算していることがわかった。太陽光の導入などで約33%までは積み上げたが、残る数%分を具体化できるかが国際公約した排出削減目標の説得力を左右する。

政府は4月、30年度の温暖化ガス排出量を13年度比で46%以上減らす目標を決めた。菅義偉首相は米国主催の気候変動サミッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、データ解説や連載企画を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン