/

防衛装備品協定、シンガポールと交渉入り 岸田首相表明

【シンガポール=根本涼】岸田文雄首相は10日、シンガポールと防衛装備品・技術移転協定の締結に向けた交渉を開始すると表明した。アジア安全保障会議(シャングリラ会合)の講演で明らかにした。同協定は日本から防衛装備品を輸出するのに必要になる。

首相は11日にシンガポールのリー・シェンロン首相と会談する。

東南アジアとはフィリピンやマレーシア、インドネシア、ベトナム、タイと結んだ。岸田首相は講演で「東南アジア諸国連合(ASEAN)各国との間で協定の締結を進め、ニーズに応じた具体的な協力案件を実現していく」と述べた。

Twitterで最新情報を発信

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン