/

浜田防衛相「見える形で強化」 南西防衛、対中国念頭

浜田靖一防衛相は10日、防衛省で就任の記者会見を開いた。軍事的圧力を強める中国を念頭に「南西諸島の防衛体制を目に見える形で強化していきたい」と述べた。「安全保障環境が大変厳しく、防衛力の抜本的な強化は不可欠だ」とも強調した。

防衛費について「必要な事業をしっかりと積み上げ、抜本的に5年以内に強化していく」と語った。「防衛費の内容や規模などは新たな国家安全保障戦略などの策定や予算編成過程で検討したい」と話した。

岸田文雄首相から「いわゆる反撃能力の保有を含め、あらゆる選択肢を検討する」ように指示を受けたと明かした。首相は弾薬の確保など継戦能力の維持などの取り組みも伝えたという。

浜田氏は宗教団体の世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との付き合いに関して「知りうる限り当該団体との関係はないと明確に申し上げたい」と言明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン