/

自民総裁選 河野氏会見要旨「原発、当面は再稼働」

【出馬理由】

皆さんの思いや不安を受けとめ、情報を共有し、しっかりとしたメッセージを出し、一緒に直面する危機を乗り越えないといけない。共感してもらえる政治を通じ、人が人に寄り添う温もり(ぬくもり)のある社会をつくりたい。

【自らの強み】

実行力や突破力は誰にもひけをとらないと思っている。ワクチン接種は都道府県や全国の市町村と調整し、今の時点で米国に接種率で肩を並べた。調整力も優れていると自負していいのかなと思っている。

【新型コロナウイルス対策】

新型コロナ禍だからルールを変えていく。しっかりと手を伸ばしたら実現できるということをみんなで共有していきたい。コロナ全体で平時と有事の切り分けや、国と地方の権限のあり方について考えていく必要があるかもしれない。

【エネルギー政策】

2050年のカーボンニュートラルを実現するため、省エネルギーをやり再生可能エネルギーを最大限、最優先で導入する。

足りないところは安全が確認された原子力発電所を当面は再稼働していく。原子力規制委員会などのお墨付きなしに再稼働はあり得ない。原発の新増設は現時点で現実的でない。

【金融政策】

インフレ率は経済成長の結果からくる。(日銀が掲げる2%の目標を)達成できるかというとかなり厳しいものがあるのではないか。

【産業政策】

未来につながる投資をする必要がある。全国どこでもテレワークができる5Gのネットワークをつくる。カーボンニュートラルを目指すために新しい技術が芽を出している。未来の日本経済を引っ張っていくものにしっかり投資していく。

【皇位継承】

政府の有識者会議で非常に堅実な議論をしてもらっていて、取りまとめに期待している。国民に広く説明し、支援、支持をいただき、前へ進まなければならない。

【森友問題】

すでに検察、司法まで動いている。再調査は必要ない。

【憲法改正】

非常に大きな問題だから政治日程やその時の課題を考え合わせながらやっていかなければならない。自民党や国会の議論を見極めながら対応したい。

【対中国】

一方的な現状変更の試みに対して国際社会で一致して反対する。民主主義、人権、自由、法の支配の共通の価値観を持つ国々と一緒に外交を進めたい。

【対ロシア】

日ロ間で平和条約を締結し、領土問題を解決していくのは非常に重要だ。

【拉致問題】

安倍晋三内閣の外相として北朝鮮の外相と接触した。河野太郎内閣ができればこの問題の解決に向けて全力を挙げていきたい。

【米軍普天間基地の辺野古移設】

移転は一刻も早くやらなければならない。日本がおかれる状況を考えれば必要なことだ。粘り強く説明しなければならない。工事の方法も地元と意思疎通をしながらやりたい。

【河野談話】

これまで自民党政権が継承してきた歴史認識は受け継いでいきたい。

【所信表明演説や代表質問の時期、解散戦略】

それなりの自信を持ってここに立っているが、すらすら答えるほど自信過剰ではない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

自民党総裁選2021

菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選には河野太郎、岸田文雄、高市早苗、野田聖子の4氏が立候補。9月29日に投開票され、岸田氏と河野氏の決選投票の結果、岸田氏が新総裁に決まりました。岸田氏は10月4日召集の臨時国会での首相指名選挙を経て第100代首相に就任しました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン