/

この記事は会員限定です

SPAC解禁 経産省が頼る「首相の一文」

辻隆史

[有料会員限定]

政府が18日に閣議決定を予定する成長戦略の原案に、特別買収目的会社「SPAC」の解禁方針が盛り込まれた。

SPACは未上場企業の買収を目的とした上場会社で、自らは事業を営まない。証券取引所に上場し、株式市場から調達した資金などで未上場企業を買収する。買収される未上場企業はSPACとの合併を通じて株式を公開できる仕組みだ。通常の新規株式公開(IPO)よりも手続きが省略でき、例えば米国では1年以上かか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1509文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン