/

首相、車谷氏からの説明否定 東芝調査報告書

首相官邸に入る菅首相(10日午前)=共同

菅義偉首相は10日、東芝が2020年7月に開いた株主総会を巡る調査報告書に関し「まったく承知していない」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

報告書は東芝の車谷暢昭前社長が株主総会の対処方針を当時、安倍政権の官房長官だった首相に説明したと推認されると記した。記者団から事実関係を問われ、首相は「そのようなことはない」と否定した。

東芝が10日に公表した弁護士による調査報告書は、東芝が経済産業省と連携して株主に議決権を行使しないように事実上依頼したと指摘し「株主総会が公正に運営されたものとはいえない」と結論づけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン