/

この記事は会員限定です

米ファイザー製ワクチン、3回目接種を了承 厚労省部会

[有料会員限定]

厚生労働省は10日、米ファイザーが申請していた新型コロナウイルスワクチンの追加接種の特例承認を決めた。18歳以上を対象に、2回目の接種から「少なくとも6カ月経過した後に」3回目の接種を認める。臨床試験(治験)データをもとに科学的には6カ月との判断だが、実際には8カ月以上たってから接種する方針だ。これまでは12歳以上を対象に3週間の間隔で合計2回打つよう定めていた。

同日の専門部会で了承した。今後、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン