/

「東芝総会、国が介入」報告書指摘 経産省は5月に否定

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
2020年7月31日に開かれた東芝の定時株主総会の会場近くで掲げられた案内(東京都新宿区)

東芝の株主が選任した弁護士が10日発表した調査報告書は、経済産業省が株主に対して議決権行使をやめるよう関与していたと指摘した。民間企業1社の株主総会への国の関与が事実ならゆがんだ構図だ。5月の国会での「経産省元参与に投資家への働きかけを依頼したことはない」という役所側の説明との整合性も問われる。

東芝調査報告書の要旨

弁護士らは、電子データの中から不正の証拠を見つけ出す「デジタルフォレンジック」で2020年3~7月のやりとりを調べた。

報告書は、東芝を所管する商務情報政策局の当時の局長、同局情報産業課長、大臣官房政策立案総括審議官の3人と会社側のメールなどの記録を列挙した。20年3月25日、東芝の豊原正恭副社長が情報産業課長に「(総会で)会社提案(の承認)がかなり危うくなる可能性があります」と連絡。同5月19日、東芝は情報産業課に外為法に基づく調査などを求める申し入れ書を提出した。

米ハーバード大学基金運用ファンド(HMC)は当初東芝に好意的だったが関係がこじれたため、HMCと接点のある同省の助言役の元参与に頼る形になったという。

6月下旬には、HMCに対するレターの作成にあたり、東芝と情報産業課長が協議。課長から「(元参与が)ハーバードを何とか説得しようという気になっていますので、ぜひ下記のコメントをくんでリバイス(修正)をお願いしたいと思います」と伝えた。その後、東芝からのレターの修正を受け取ったうえで元参与と協議したとみられ、東芝側に「ゴーサイン出ました。ありがとうございました」と連絡した。

国は外為法に基づき外国投資家から報告を求めることができる。報告書は、経産省側の行為を同法に基づく権限発動の可能性を背景に株主に不当な影響を与える圧力として問題視した。

この問題は今年5月、衆院経産委員会で質疑があった。現在の商務情報政策局長は「経産省から(元参与に)個別投資家の議決権行使に対する働きかけを依頼したことはない」と答弁。少なくとも報告書とは食い違う。

報告書で関与が指摘された経産省側の1人は日本経済新聞の取材に「報告書は事実に反していて驚いている」と述べた。経産省がハーバードと交渉するよう元参与に依頼した事実はなく、ハーバード側が元参与に知人としてアドバイスを求めたという。「東芝が報告書について説明に来るのであれば対応したい」と話した。

報告書によると、東芝と経産省の働きかけは株主によって異なる。HMCをめぐっては議決権を行使しないように東芝から経産省に依頼したと認定した。HMCは行使しなかった。エフィッシモ・キャピタル・マネージメントに対してはまず株主提案をさせないようにし、実際に提案があってからは取り下げさせようとした。

3Dインベストメント・パートナーズに対しては、エフィッシモの株主提案に賛成しないよう不当な影響を与えて事実上妨げようとしたと指摘した。3Dはエフィッシモ提案の一部に反対した。総会当時、エフィッシモは約16%、3DとHMCは約4%を保有していた。

今回の調査は3月に開かれた臨時総会で筆頭株主のエフィッシモの株主提案が可決されたことで実施された。20年の定時株主総会の運営に不備があったなどとして、同社などが臨時株主総会の招集を要求した。

エフィッシモは株主提案で外国法共同事業オメルベニー・アンド・マイヤーズ法律事務所の前田陽司弁護士、兼子・岩松法律事務所の木崎孝弁護士、和田倉門法律事務所の中村隆夫弁護士の3人を調査者に推薦し、臨時総会で可決された。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン