/

この記事は会員限定です

コロナ後成長へ、データ駆使し生産性向上を 大竹文雄氏

月曜経済観測 

[有料会員限定]

新型コロナウイルス問題が長期化し、日本企業も成長力の低迷が続いている。2022年の日本経済と今後必要となる取り組みについて、経済学者の大竹文雄・大阪大学特任教授に聞いた。

――22年の経済をどうみていますか。

「変異ウイルスの不確実性はあろうとも、ワクチンと治療薬の普及で行動規制の緩和が各国で進む。今までの2年とは大きく異なる1年になるだろう。先延ばしにしていた旅行やイベントなどの需要も戻る」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1096文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン