/

官房長官「日韓関係、放置はできない」 文氏発言巡り

松野博一官房長官は10日の記者会見で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が岸田文雄首相に対話を呼び掛けたことに関し「日韓関係は慰安婦問題などにより非常に厳しい状況にあるが、このまま放置はできない」と述べた。

文氏は主要通信社の書面インタビューに回答した。「日本の首相とのコミュニケーション(の窓)は常に開かれている」と語った。

松野氏は「首脳会談の予定は何ら決まってはいない」と説いた。「日本の一貫した立場に基づき、韓国側に適切な対応を強く求めていくという考えに変わりはない」と強調した。

文氏はインタビューで日本が「佐渡島の金山」(新潟県)の世界文化遺産の登録を推進していることに「憂慮」を表明した。松野氏は「文化遺産としての素晴らしい価値が評価されるよう韓国を含む国々と冷静かつ丁寧な議論をする」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません