/

首相、教科書記述「慰安婦」に変更も 政府答弁書踏まえ

菅義偉首相は10日の衆院予算委員会で、慰安婦問題に関する学校教科書の記述で「従軍慰安婦」との表記を認めない可能性に言及した。「政府の統一的な見解が存在する場合はそれに基づき記述されるのが検定基準の一つだ」と述べた。

日本維新の会の藤田文武氏への答弁。政府は4月27日に「従軍」の表現が誤解を招く恐れがあるため単に「慰安婦」とするのが適切、との見解を示す答弁書を閣議決定していた。

萩生田光一文部科学相は5月10日の衆院予算委で、すでに発行された教科書への対応を問われ「答弁書を踏まえ、発行会社が訂正を検討する。基準に則した記述となるよう適切に対応したい」と話した。

加藤勝信官房長官は同日の記者会見で「文科省が今回の閣議決定で示された見解を踏まえた記述となるよう適切に対応する」と語った。発行済みの教科書に関し「教科書検定規則には発行者から訂正申請がなかった場合、文科相が訂正を勧告できる規定がある」とも説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン