/

防衛費増、速やかに実行 萩生田政調会長

自民党の萩生田光一政調会長は10日の就任記者会見で「外交・安全保障政策の強化が最大の課題だ」と強調した。参院選の公約として掲げた防衛費の増額を「速やかに実行に移していかなければならない」と説いた。

自民党は参院選の公約に「北大西洋条約機構(NATO)の国防予算の国内総生産(GDP)比目標(2%以上)も念頭に5年以内に防衛力の抜本的強化」と明記した。

同日に就任した森山裕選対委員長は衆院の小選挙区定数の「10増10減」をめぐり問題提起した。「国民から見ると本当に人口だけで定数を決めていいのかという疑問がある」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン