/

小児接種の努力義務見送り、接種控えにつながる懸念 

厚生労働省は10日、5~11歳の新型コロナウイルスワクチン接種について「努力義務」を課さない方針を正式に決めた。新たな変異型「オミクロン型」に関し、重症化予防などの効果が十分に確認されていないと結論付けた。接種自体は推奨するものの接種控えにつながる懸念もある。

努力義務をめぐっては専門家や自治体担当者らの議論が続いていた。専門学会はオミクロン型での予防効果のデータが不十分との見解を示していた。

こうした指摘をふまえ、保護者に対する努力義務は課さないものの、自治体には接種券の個別送付やリーフレットでの勧奨を求める。

今後、予防接種法上の「臨時接種」に位置づける。ワクチンは21日から自治体に配布する。厚労省は開始時期を3月メドとしているが、体制が整った自治体では月内にも始まる見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン