/

知財侵害の輸入差し止め6割増、1~6月 「鬼滅」も被害

(更新)
税関で輸入を差し止めた人気アニメ「鬼滅の刃」の偽造品=財務省提供

財務省は10日、知的財産権の侵害を理由に全国の税関で差し止められた輸入品が1~6月に46万764点あり、前年同期比で67.2%増えたと発表した。約8割が中国からの輸入品で、ベトナムやフィリピンも増えた。

人気アニメ「鬼滅の刃」関連の偽グッズなどの差し止めも「前年同期比で2倍を超える大幅増だった」(財務省担当者)という。

偽ブランド品など商標権侵害が74.2%、著作権侵害が13.3%だった。品目別ではイヤホンなど電気製品が17.5%と最も多かった。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に「空間除菌剤」の輸入差し止めも目立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン