/

この記事は会員限定です

75歳以上370万人が医療費2割負担 改革法案が衆院通過

(更新) [有料会員限定]

75歳以上の医療費窓口負担を1割から2割に引き上げる医療制度改革関連法案が11日の衆院本会議で与党などの賛成多数で可決した。一定の年収のある370万人が対象となる。現役世代の負担軽減に向けた一歩となるが、高齢化で膨らむ医療費の負担見直しを巡っては課題はなお多い。

法案は参院審議を経て、今国会で成立する公算が大きくなった。2割負担の対象となる所得の基準は、単身世帯が年金を含めた年収200万円以上、複...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン