/

児童へのマスク着用推奨 政府対処方針に明記

(更新)

政府の新型コロナウイルス対策本部は10日、基本的対処方針を改定した。保育所などでの感染対策として2歳以上の子どものマスク着用に関し「可能な範囲で、一時的に着用を勧める」と明記した。

着用時の留意点として児童が息苦しくないか、嘔吐(おうと)していないかといった「体調変化に十分注意する」よう促し「無理して着用させる必要はない」と併記した。

児童や保護者の意図に反して着用を無理強いしないよう現場での周知を促した。2歳未満の着用は推奨せず「低年齢児には特に慎重に対応する」と強調した。

そのほかに十分な量の抗原検査キットを確保するため、国が買い取り保証をして企業に増産や輸入増を求めることも盛り込んだ。事業者には在宅勤務の活用などによる出勤者数の削減目標を前倒しで設定するよう促した。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン