/

この記事は会員限定です

発電所立ち会い検査、規制を緩和 AIやドローンで補完

[有料会員限定]

経済産業省は発電所やガス製造設備の立ち会い検査や目視での確認など、現状にそぐわなくなった規制を見直す。ドローン(小型無人機)や人工知能(AI)といったデジタル手段で補完し、省力化につなげる。検査資格のある社員らの高齢化が進み、人口減で新たな担い手の確保も難しくなっている。時代遅れとなった規制を緩和し検査・保安体制を合理化する。

電気事業法とガス事業法、高圧ガス保安法などの改正案を通常国会に提出す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン