/

「生え抜き主義」転換を 西村氏研究会、企業巡り報告書

女性・若者・外国人など多様な人材活用提言

西村経財相

西村康稔経済財政・再生相の私的な研究会「企業組織の変革に関する研究会」が10日、報告書を公表した。国際的な競争に対応するために「生え抜き主義」から転換し、女性・若者・外国人など多様な人材を活用すべきだと提言した。

研究会は冨山和彦・経営共創基盤グループ会長ら6人の委員で構成し、経団連とも意見交換した。内閣官房は近く報告書に沿った変革を働きかけるためのホームページを立ち上げ、賛同企業を公開する。

政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン