/

共産・穀田氏の在職25年 自民の二階、伊吹両氏らが祝う

永年在職25年で2018年に衆院で表彰を受けた共産党の穀田恵二国対委員長の国会に掲示する肖像画が完成し、お披露目会が10日、穀田氏の地元・京都市内で開かれた。自民党の二階俊博幹事長や伊吹文明元衆院議長、立憲民主党の赤松広隆副議長ら与野党の重鎮がお祝いに駆け付けた。

 国会に掲示する肖像画を披露する共産党の穀田恵二国対委員長。右は伊吹文明元衆院議長(10日午後、京都市上京区)=共同

衆院京都1区の議席を穀田氏と争ってきた伊吹氏は、あいさつで「私とは選挙区のライバルで政治理念は全く違うが、各党間の折衝で約束したことを守り抜く、信頼できる人だ」と評価した。

赤松氏は「穀田氏とは公私とも深い付き合いだ。最近、立民は共産と仲良くなり、東京都議選では良い結果が出た」と野党共闘の成果に触れた。都議選では立民、共産両党が議席数を上積みした一方、自民は勝敗ラインと位置付けた公明党との過半数を獲得できなかった。

二階氏は、穀田、伊吹両氏が、衆院選が中選挙区制だった1993年から9回対決してきたのを念頭に「自民党はそう簡単に負けないが、京都や国を良くするため、政界で存分に働いてほしい」とエールを送った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン