/

冬の電気不足110万世帯分「エネルギー危機」まとめ読み

次の冬の寒さが厳しかった場合、一般家庭で約110万世帯分の電気が全国で不足するとの見通しを政府が発表しています。先進国であるはずの日本でなぜ「電気が足りない」といった事態に陥ってしまうのか、いま何が必要なのかについて3回連載の「エネルギー危機 日本の選択」で読み解きました。

㊤電気不足、冬に110万世帯分 原発動かず節電頼み限界

㊥サハリン停止の備えあるか 国際協調が磨く適応力

㊦LNG消えた年500万トン 安定供給の責任は誰に

政府が需給対策で閣僚会合、世界で電気代上昇も

企画連載中には政府が電力需給の逼迫に備えるための関係閣僚らによる会合を開き、家庭や企業に節電を要請しました。需給が厳しくなっているだけでなく、発電時の燃料となるガス価格の上昇などを受け、日本を含め世界で電気代も上昇しています。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン