/

この記事は会員限定です

税制改革の理念見えず、22年度大綱 脱炭素・分配先送り

(更新) [有料会員限定]

自民、公明両党は10日、2022年度与党税制改正大綱を決めた。賃上げ税制や住宅ローン減税など既存の制度の修正にとどまり小粒な税制改正になった。脱炭素社会の実現や人口減少時代の負担のあり方など中長期の重要課題にどう対応するかという検討は軒並み先送りした。岸田文雄首相が掲げる「新しい資本主義」実現に向けた税制の理念は見えない。

脱炭素・分配 先延ばし

脱炭素の実現をめざし、米欧などは風力や太陽光へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2148文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン