/

「五輪後に補正予算で衆院解散へ」 自民・細田氏

安倍前首相「新型コロナで異次元対策」

自民党細田派の細田博之会長は10日、東京五輪・パラリンピック後の9月に2021年度補正予算案を編成した上で、衆院解散・総選挙に臨むことになるだろうとの見通しを示した。会長を務める島根県連の大会で「パラリンピックが終われば補正予算を組まないといけない。それに加えて解散・総選挙が行われる段取りだ」と述べた。

安倍晋三前首相は10日、新潟県柏崎市で講演し新型コロナウイルス禍による雇用情勢悪化を避けるため大規模な経済対策が必要との認識を示した。「政府、与党一体となって、異次元の対策を実施しなければならない」と語った。

細田氏は、県連大会に先立つ地元商工団体との面会で、新型コロナの影響や五輪の無観客問題で大きな経済的打撃を被っているとして「大きな補正予算を早く組まなければならない」と強調。国会での審議日程に関して「9月早々にも対応しなければいけない状況だ」と説明した。補正予算が必要だとの議論が政府、与党の中で「極めて大きくなっている」との認識も示した。

補正予算案を巡っては、自民党の二階俊博幹事長が、総選挙の前に概要を示したいとの考えを示し、規模に関しては「30兆円に近いものを考えないといけない」と言及している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン