/

この記事は会員限定です

野党、不信任案巡り協議 与党に会期延長要請

[有料会員限定]

立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党の党首は10日、国会内で会談した。16日までの今国会の会期を延長するよう与党に求める方針で一致した。与党が受け入れない場合は菅義偉内閣への不信任決議案の提出も含めた対応を検討する。

会期延長は11日に自民党の森山裕国会対策委員長に申し入れる。

会期を3カ月延長し、新型コロナウイルス対策となる2021年度補正予算案を編成して審議するよう訴える。東京五輪・パラリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り900文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン