/

自民・二階氏、10増10減を批判 世耕氏は定数増を提案

自民党の二階俊博元幹事長は10日の和歌山放送ラジオ番組で、衆院小選挙区定数の「10増10減」を批判した。地元・和歌山県の定数が3から1減となるのを踏まえ「腹立たしい。こんなことが許されるのか。地方にとっては迷惑な話だ」と述べた。

同じ番組に出演した世耕弘成参院幹事長は「1票の格差」を2倍以内に収める方法として衆院の定数増を選択肢にするべきだと表明した。世耕氏は定数増について「逆転の発想だ。日本の国会議員は、決して人口比で世界各国より多いわけではない」と訴えた。

10増10減は2020年国勢調査確定値に基づき、人口比を反映しやすい「アダムズ方式」で算出した議席配分で、衆院選挙区画定審議会がこれに従った区割り改定案の作成を進めている。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン