/

米ユダヤ人組織トップが首相表敬 日米関係の重要性確認

岸田文雄首相は10日、首相官邸で米国ユダヤ人委員会のハリス委員長と面会した。ウクライナ情勢について意見交換し、日米関係の重要性も確認した。首相は「今後とも日米の関係強化に直結する米ユダヤコミュニティーとの関係を強化していきたい」と述べた。

バイデン米大統領の来日に関しても話した。首相は「日米関係は日本外交と安全保障の基軸だ」と強調した。ハリス氏は韓国の新大統領就任に関して「日韓が新しい関係となることを希望する」と言及し、関係改善に期待を寄せた。

同委員会は米国の有力ユダヤ人組織。ハリス氏は2019年にも官邸を訪れ、当時の安倍晋三首相と懇談している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン