/

首相「政策に優先順位」 金融所得課税より賃上げ税制

岸田文雄首相は10日夕、金融所得課税に「当面触れない」との自身の発言について「さまざまなメニューのなかで優先順位を申し上げた」と説明した。分配政策に関し「まずは賃上げ税制、下請け対策、看護・介護・保育といった公的価格の見直しから始めるべきだ」と述べた。

自民党本部で記者団の質問に答えた。金融所得課税の強化は「選択肢を並べたうちの一つ」と強調した。ほかにも多数の政策を掲げてきたと指摘し「それぞれ大変重たい課題であるので、これをしっかりと進めていくことを優先させたい」と訴えた。

首相は同日午前のフジテレビ番組で、金融所得課税を巡り「当面は触るということは考えていない。そこばかり注目されてすぐやるんじゃないかという誤解が広がっている」と語っていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン