/

この記事は会員限定です

経団連新会長に住友化学・十倉氏 中西氏は治療に専念

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

経団連の中西宏明会長(75)は10日、任期途中で辞任する方針を固めた。健康状態が悪化し、会長職を続けることが困難になった。後任には審議員会副議長の十倉雅和・住友化学会長(70)を起用する方向で調整する。

中西氏は日立製作所会長で、2018年5月に経団連会長に就任した。リンパ腫で体調を崩して入退院を繰り返していた。

「財界総理」とも呼ばれる経団連会長が任期途中で退任するのは異例。後任も含めて10日午後の会議で正式決定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り505文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン