/

この記事は会員限定です

萩生田氏、骨格発言は「おちゃめのつもり」

[有料会員限定]

経済産業相から自民党の政調会長に就任した萩生田光一氏は10日の臨時閣議後の記者会見で、自身の人事を巡り8日に「俺は骨格ではなかったのか」と発言したことについて「おちゃめのつもりで言った。世の中を騒がせ反省している」と釈明した。「党の骨格を担う役職という自負を持って頑張りたい」と述べた。

「(報道で)『骨格は維持する』と出ていて、俺は骨格ではなかったのかという思いもある」と8日の記者会見で話してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り512文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン