/

立民、コロナ対策で緊急提言 集中的な人流抑制など

(更新)
立憲民主党の枝野幸男代表(左から2人目。10日、国会内)

立憲民主党は10日、新型コロナウイルス対策の緊急提言をとりまとめた。感染封じ込めには3週間にわたって広範囲に休業要請し、集中的に人流を抑制する必要があると訴えた。近く政府に申し入れる。

全国で感染者数は減少傾向にあるものの、行動制限の緩和でなく感染を一段と減らすための取り組みが不可欠だと強調した。枝野幸男代表は国会内で記者団に「もう少し我慢して(感染の)リバウンドを許さない日常を取り戻すべきだ」と述べた。

広範囲な休業要請と合わせ、低所得者世帯への1人当たり10万円の給付などを実施すると主張した。臨時医療施設の設置といった医療体制の強化や、出入国時の検査や隔離期間の拡大も掲げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン