/

経産相が福島訪問、「復興は最重要課題」 就任後初

萩生田光一経済産業相は10日、就任後初めて福島県を訪問した。内堀雅雄知事らと面会したほか東京電力福島第1原子力発電所を視察した。「原発の廃炉や処理水対策、復興は最重要課題だ」と述べ、今後も現場に足を運んで取り組む決意を示した。

萩生田氏は内堀知事に「福島の復興は一刻の遅滞も許されない」と述べて全力で取り組む考えを伝えた。内堀知事は、2023年春ごろをめどに福島第1原発にたまる処理水を安全な水準に薄めて海に放出する政府の方針について「県民にとって重い問題で、葛藤や不安が渦巻いている。真摯に向き合い対応してほしい」と求めた。

萩生田氏はその後、福島第1原発を視察したうえで、原発が立地する双葉町の伊沢史朗町長と大熊町の吉田淳町長らと面会した。伊沢町長は「原発で廃棄物がずさんな管理状況で保管されていた。安全で着実な廃炉は住民帰還の前提だ。東電に対し、監督官庁として指導の徹底を図ってもらいたい」と要望した。

視察を終えた萩生田氏は記者団の取材に対し、「処理水の放出にあたっては丁寧に説明を重ねたい。国際原子力機関(IAEA)など外部の目で厳しくチェックしてもらい、結果を国内外に発信することも大切だ」と述べた。廃炉や処理水について「東電任せにせず、国が前面に立って取り組む」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン