/

この記事は会員限定です

岸田政権との間合いは 維新・国民の党首に聞く

[有料会員限定]
改革勢力をうたう2つの野党が夏の参院選を前に岸田文雄政権との間合いを探り始めた。発信力の確保へ戦略をどう描くか。日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)と国民民主党の玉木雄一郎代表に聞いた。

改革、やる気見えない(日本維新の会の松井一郎代表)

――参院選まで2カ月を切りました。

「比例代表で野党トップの票をとるのが目標だ。野党第1党をめざし、自民党をピリッとさせる勢力をつくりたい」

――「身を切る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

参院選2022

2022年夏の参議院選挙(6月22日公示・7月10日投開票)は岸田文雄首相にとって事実上、初めて政権運営の実績が評価される場となりました。開票結果やニュース、解説などをお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン