/

この記事は会員限定です

社会保障の担い手確保 公務員定年延長、改正法が成立

[有料会員限定]

国家公務員の定年を65歳まで延ばす改正国家公務員法が4日、参院本会議で可決、成立した。知識や経験を備えたベテラン職員の雇用を継続し、社会保障制度を支えるのに役立てる。

国家公務員の定年延長は1985年に60歳定年制を導入して以来だ。2023年度から31年度まで2年ごとに1歳ずつ上げる。

60歳で原則として管理職から外す「役職定年制」も導入する。働き続けやすいよう短時間勤務も選べるようにする。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン