/

この記事は会員限定です

雇用統計、求人メディアから情報収集 市場の実態反映へ

[有料会員限定]

厚生労働省は労働市場の実態を把握するため、職業安定法を改正し、民間企業の求人に関連する情報を得られるようにする方針だ。求人メディアを運営する企業から足元で扱う案件数や推移に関する情報を法的に収集できる仕組みをつくる。全体像を把握して効果的な雇用対策に役立てる狙いだ。

雇用を仲介する人材サービスは厚労省の許可を得た職業紹介事業、公的機関であるハローワーク、「リクナビNEXT」といった求人メディアなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン