/

この記事は会員限定です

70歳まで雇用、業務委託も選択肢 シニアの働き方柔軟に

70歳定年時代㊤

[有料会員限定]

2021年度から施行された改正高年齢者雇用安定法で、70歳までの就業機会の確保が企業の努力義務になった。22年4月からは年金支給開始を繰り下げできる年齢の上限も70歳から75歳に上がる。「70歳定年時代」に対応して、国の雇用や年金の仕組みがどう変わるのかを探る。

計測機器商社の東陽テクニカは4月、定年後の再雇用期限を65歳から70歳に引き上げた。65歳以上の社員は「シニアマイスター」と呼ばれ、現在4人が1日7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン