/

専門家組織「感染おおむね減少」、リバウンドは警戒

厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」は9日の会合で、新型コロナウイルスの感染状況について「感染拡大が見られていた地域ではおおむね減少傾向となっている」との分析をまとめた。

政府による緊急事態宣言の効果を評価する一方、沖縄は新規感染者が依然多い水準にあり、重症者の増加に懸念を示した。東京では滞留人口の増加傾向が4週間連続で続いており「リバウンドの可能性があり、警戒が必要」だと指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン