/

この記事は会員限定です

「安倍さんの意向は無視できない」 党の声、影響なお

手探りの脱「官邸1強」(3)

[有料会員限定]

衆院選が終わってまもない4日夕の東京・永田町。岸田政権の看板政策である「新しい資本主義」を担う経済財政・再生相の山際大志郎と経済安全保障相の小林鷹之が向かったのは、自民党幹事長を退いたばかりの甘利明の事務所だった。

甘利は「党内に議論の受け皿をつくらないといけない」と語りかけた。新しい資本主義や経済安保を議論する党組織の新設が念頭にある。この日は政府と党が意思疎通を深めて政策を推進すると確かめた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン