/

この記事は会員限定です

国際バカロレア、目標未達 予算拡充や法整備不可欠

政界Zoom

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日本の国際競争力の強化へ教育のグローバル化は必須の条件となる。国内にいながら海外大学も目指せる世界共通の資格、国際バカロレア(IB)は有力な方法だ。政府が掲げた普及目標はまだ未達で、政府・与党による本格的な取り組みが不可欠になる。

高校生にIBを取得させるには高校などが「認定校」になる必要がある。政府は2013年に国内の認定校を18年に200校にする目標を立てた。認定校は認定待ちの「候補校」を合わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1595文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン