/

日英相互理解に貢献 首相がフィリップ殿下死去で弔意

菅首相(9日、首相官邸)

菅義偉首相は9日、英国のエリザベス女王の夫エディンバラ公フィリップ殿下の死去を受け、弔意を示す書簡をジョンソン首相宛てに送った。「日本政府、日本国民を代表し、哀悼の意を表します。殿下は7回訪日され、わが国皇室と英国王室の歴史ある関係を強固にされたのみならず、両国民の相互理解促進に多大なる貢献をされた」とたたえた。

茂木敏充外相もラーブ英外相に宛てて「殿下が科学技術、自然保護、スポーツ、工学といった幅広い分野でさまざまな活動を支援されていたことに深く敬意を表します」と伝えた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン