/

変異ウイルス「イータ型」、国内で18例 20年12月以降

厚生労働省は新型コロナウイルスの変異として複数の国で確認されている「イータ型」の感染が国内で18例あったとの調査をまとめた。2020年12月以降に日本に入国・帰国した陽性者のゲノム解析結果を集計した。

イータ型は世界保健機関(WHO)が「注目すべき変異型(VOI)」に位置づけている。国内で拡大中のインド型(デルタ型)に比べると警戒レベルは低い。9月3日までの発生事例を集計した。デルタ型や英国型(アルファ型)のほか、ミュー型が2例、ラムダ型は3例みつかっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン