/

この記事は会員限定です

G20、法人課税10月決着へ詰め 独自デジタル税撤廃など

[有料会員限定]

【ベネチア=加藤晶也、細川倫太郎】10日に閉幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は経済のグローバル化とデジタル化に対応した国際的な法人課税ルールの大枠で合意した。物理的な拠点があることを前提に課税してきた従来の国際ルールを変える歴史的な転換になる。10月の最終決着に向けて制度の詰めでは課題も残る。

巨大IT(情報技術)企業を念頭に置くデジタル課税の運用が始まれば1920年代に定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン