/

この記事は会員限定です

デジタル貿易で米中含むルール アジア太平洋地域で検討 

[有料会員限定]

データ流通などのデジタル貿易を巡り、米中を含めたアジア太平洋地域で初の共通ルールをつくる機運が出ている。アジア太平洋経済協力会議(APEC)事務局と日米豪中のシンクタンクなどが各国政府に策定を求める提言を近く共同で出す。市場が拡大するデジタル取引の透明化を目指す。

こうしたルールは、環太平洋経済連携協定(TPP)、東アジアの地域的な包括的経済連携(RCEP)などの貿易協定で定めている。ただ、米中両...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り544文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン